澤口俊之の本(一部)

青字は著者本人の注釈 著者によるお勧め度(5点満点)。


 
発達障害の改善と予防:家庭ですべきこと、してはいけないこと(
★★★★☆
  発達障害の改善と予防:小学館のサイトへ単行本: 255ページ
出版社: 小学館 (2016/1/27)
ISBN-10: 4093108412
ISBN-13: 978-4093108416

発達障害に関わる膨大な諸研究と自らの実践(発達障害の改善)を踏まえて,かなり力を入れて書いた著書。
発達障害の改善と予防に関する諸問題はこの一冊で十分」という思いで書いた。かなり高度だが,想定している読者は発達障害のお子さんをお持ちの親ごさんたちなので,なるべく平易にし,かつ,改善例(事例)も多少記載した。

各種発達障害(ADHD,自閉症スペクトラム,広汎性発達障害,学習障害,知的障害等々)は確かに遺伝的リスク要因・遺伝性があり,また,遺伝子の新生突然変異が関与することもあるが,どれも脳機能障害なので,生後の適切な環境・方法で改善も予防もできる。
本書の内容は,まさにタイトル通りで,かなりの良書だと自負している。発達障害のお子さんをお持ちで苦悩している親ごさんたちのみならず,「障害児」に関わる様々な方々に読んで頂きたいと願っている。

ちなみに,星を4つにしたのは,「改訂がやや不十分な段階で出版されてしまった」というた私的な思いがあるからだ。とはいえ,私の「代表作」の一つになると思っている(HQ論から派生した著書,という要素もあるので)。

発達障害の改善は8歳以降になると困難なので(不可能ではないが),本書は8歳未満の「障害児(グレーゾーンを含む)」をお持ちの親ごさんや関係者の方々,あるいは,これから出産する親ごさんたちに向けたの著書であることは,注意してほしい。

 
脳を鍛えれば仕事はうまくいく
★★★☆☆
  脳を鍛えれば仕事はうまくいく:アマゾンサイトへ単行本:206ページ
出版社:宝島社 (2014/9/11)
定価:\1,404
ISBN978-4800229311

ひそかに(?)研究してきた成果を一般向けに平易に書き下ろした著書(諸般の事情で時間不足だったので星はあえて3つにしたが,3.5が適当だと思う)。
ビジネスマンが真に伸ばすべき脳力」といった講演がとても好評なせいもあって,書き下ろした。
ビジネスでの成功の予測を導入にしつつビジネスマンが伸ばすべき脳力の測定法と向上法を平易に(忙しい方でもさっくりと読めるように)書いた。むろん,科学性はきちと維持している。日本経済のためにも多くのビジネスマンに読んでもらいたい。

私的には「ビジネスの成功を予測し向上させる新脳科学」あるいは「ビジネスマンが真に伸ばすべき脳力が分かった!」といったタイトルにしたかったのだが…。

 
脳をこう使えば、ボケない、太らない
★★★☆☆
  脳をこう使えば、ボケない、太らない単行本:221ページ
出版社:小学館 (2012/11/1)
定価:\1,365
ISBN 9784093965194

某女性週刊誌に連載していたコラム記事の一部をまとめた著書。
その由来上,雑多で読み易いワリには内容的にはきちんとしていて,科学性は意外に高い。
「人生」に関係する話題が多いので,上手く生きる上で参考になると思う。

 
「やる気脳」を育てる(
★★★☆☆
  単行本:200ページ
出版社:小学館 (2012/2/29)
定価:\1,260
ISBN 9784098401277

「幼少期での脳育成」のエッセンスをお母さん方を想定して書いた著書。
読み易さを重視したため,学術的な体系性がさほどなく,また,事例証拠・エピソード証拠を交えているので,科学者としてはあまりお勧めできない(星1つほど)。

ただ,類書とは一線を画す科学性はそれなりに保持しているので,お母さん方や幼児教育関係者には意味をもつと思う。実際,読者の観点からは「良書」のようで,評判もいいので,星3つにした。

 
夢をかなえる脳(
★★★★☆
  単行本(四六判 ソフト):255ページ
出版社:WAVE出版 (2011/12/1)
定価:\1,470
ISBN 9784872904840

読者の皆さんが「夢」をかなえられるように,最新の脳科学や人類進化学を踏まえて書き下ろした著書で,広く読んで頂きたく思っている。
人間性知能HQをベースにした調査解析によって「成功脳指数SQ」を導き,読者のみなさんがそれぞれのSQを質問項目リストから計算できるようになっている点も良いと思う(SQの解析だけでも数ヶ月を要したほど)。

詳細はこちらを参照してほしい。

 
恋脳指数
★★★☆☆
  新書:188ページ
出版社:小学館 (2010/6/1)
定価:\735
ISBN:9784098250868

恋愛は脳科学・人類進化学的に大きな問題なので,「恋愛学」の導入的で平易な本を目指して書いた。
ただ,この本の性質上,新書よりも単行本の方が良かった気がする(読者の皆さんがそれぞれの恋脳指数LQを算出するのにも,新書だと計算し難いし・・・)。

詳細はこちらを参照してほしい。

 
「学力」と「社会力」を伸ばす脳教育(
★★★★☆
  新書: 190ページ 
出版社: 講談社 (2009/2/20) 
\880
内容紹介
効果が一生続く脳教育法は8歳までが勝負! 拡がる「脳内格差」に打ち勝つには、就学前の一工夫で子どもの脳をバージョンアップ。一生幸せな脳を作る人間性知能HQなど、最新の脳科学のすべてを一挙公開! 

内容(「MARC」データベースより)
社会的成功の裏には必ず幼少期の脳教育があった! 子どもに最も必要なHQ(人間性知能)を育てる方法を紹介。誰もが幸せになれる「脳力」の秘密を公開する。 

本書は,『脳教育2.0』の欄で述べている「脳教育3部作(総枚数1500枚以上)」を一般向けに大幅に短縮したもので,澤口的には不本意であるが,結果的にはかなりの良書になったと思う。これ一冊で「脳教育・脳育成学」のエッセンスが体系的に分かるし,かつ,かなり平易になっているからだ。
思えば,読まれない本は意味がないわけで,この本は新書ということもあって,手軽に読めるし,一般の方々にも十分に理解できると思う。
「脳教育・脳育成学」「HQ育成論」を体系的に知るには,本書が現時点では最適だと言ってよく,広く読んで頂きたい。

 
脳教育2.0
:子どもに最も必要な能力HQ(
★★☆☆☆
  I単行本: 283ページ 
出版社: 講談社 (2008/7/18) 
\1,680
内容紹介
8歳までが勝負! 効果が一生続く脳教育法 読み書きソロバン+音楽で子どもの脳は劇的に変わる。拡がる「脳内格差」に打ち勝つには、就学前の一工夫で子どもの脳をバージョンアップ、一生幸せな脳にする! 

内容(「BOOK」データベースより)
近年の教育の混迷は「優秀な人材の育成」を阻み、このままでは「人材の枯渇」も社会的大問題になりかねない。そのなかで、子どもたちが社会的成功をおさめ、幸せな人生を送るために何が最も必要なのか?そのカギは幼少期におけるほんのひと工夫、そして「脳のオペレーティング・システム」HQに隠されていた。 

本書は,実は,「脳教育3部作(総枚数1500枚以上)」の第1部で,本来なら,第2,3部と続くはずだったが,「難しい+売れない」ということで,この第1部しか出版されなかった(虚しい・・・)。(本当に読んで欲しかったのは第2部と第3部だったし・・・),
なので,本書だけではほとんど意味がないし,前著『HQ論』(海鳴社)との重複もかなりあるので,読む必要はあまりないと思う。ただ,「進化的に予想している環境(EEE)」というコンセプトは非常に重要なので,難しさ(+引用文献の多さ)にめげない方には読む価値はあると推測する。

 
いい女はなぜパッとしない男に惚れるのか:誰も知らない60の脳のお話★★☆☆☆
    澤口俊之
新書,204
アスキー (2007/7/10)
¥760
内容紹介
神経質な人と楽天家な人に、脳の違いはあるのか?
頭ではわかっているのに、なぜ行動できないのか?
普段、どれだけ脳を使えているのか?
過飲酒の原因は、子供のころのストレス!?
人間は年をとると、なぜ頑固になるのか?
なぜ出会い系サイトにハマるのか?
我慢できない「依存症」の原因は?
なぜ日本人の性器は小さいのか?
風俗は男性の元気を奪う!?
いい女を見分ける方法は?
……etc.

すべての答えは本書と脳の中にある!!

とまあ,謳われているが,タイトルは意味不明だし,内容も玉石混合だが,「科学の基本」だけは外してないはず。『週間ポスト』と『婦人公論』に好意的な書評も載ったし,寝転がって読むには適当だと思う。
ちなみに,数年前に『女性セブン』に連載していたものを改訂・編集したものである。現在の澤口はかなりレベルアップしているので,そのうち『HQ論』に匹敵するマトモな本を出す予定。

 
HQ論:人間性の脳科学―精神の生物学本論(
★★★★★
  ISBN: 4875252250
単行本: 364 p ; サイズ(cm): 19 x 13 
海鳴社 (2005/08)
澤口俊之【著】 ¥3,150 (税込)
内容(「BOOK」データベースより)
人間とは何か…ここにその答えがある。鍵はIQでもEQでもない。HQ(=人間性知性、超知性)にある。それは何百万年にわたる脳の進化の産物であり、それを核に考察を進めることで、人生の目的・私たちの生き方といった哲学的課題に、一定の科学的基盤を与えるだけでなく、多くの難問にも光をあてることができる。著者のライフワーク。 

内容(「MARC」データベースより)
「人間性の中心はHQという知性にある」とすることで、人間の謎はかなり解ける。HQ(人間性知性、超知性)を核に考察を進めることで、人生の目的・生き方といった哲学的課題に一定の科学的基盤を与え、難問に光を当てる。 

ともあれ,本書はまさに私のライフワークであり,ぜひ読んでもらいたい。

1章 多重知性と多重フレーム
2章 ヒトを特徴づける前頭連合野―脳間・脳内操作系
3章 前頭連合野の進化
4章 「人間性」をつくるHQ
5章 HQの個体発生―臨界期
6章 衰退するHQ
7章 発達するHQ
8章 HQを大きく発達させ得る日本人
 


平然と車内で化粧する脳(
★★☆☆☆

  平然と車内で化粧する脳ISBN:4594029698
220p 19cm(B6)
扶桑社 (2000-09-10出版)
澤口俊之・南 伸坊【著】  \1,524
人前でイチャつく、所かまわずしゃがみ込む…激増する不可解な若者たち。
すべては、モンゴロイド日本人の「脳の進化」に逆らった生活と子育てが原因だった!脳科学から日本を見た激しく納得の大結論。
脳科学の鬼才・沢口俊之にプロのおちこぼれ生徒南伸坊が聞いた最新の脳科学講義。

多くのマスコミに盛んに取り上げられてきた問題提起の書。ただし,毀誉褒貶も激しい。「エセ科学書」という酷評もある。澤口の主張は「最近の人々(特に若者)の前頭連合野の働きが鈍っている」という一点に尽きる(実際,ADHDや若年性健忘症の激増,”前頭葉ボケ”の増加など,この説を支持するデータは多い)。そして,この観点から育児・教育や生活,環境にもっと考慮したらどうか,ということである。枝葉には言い過ぎや間違いもあると思うが,著者の真意を汲み取って欲しいし,「先見の明」「時代の先取り」という要素も大きいと思う。

プロローグ それはネオテニーから始まった
第1章 ヒトはネオテニー化したサルなのだ
第2章 モンゴロイドとはどういうヒトか?―ネオテニー的進化がもたらした日本人の宿命
第3章 ネオテニーの落とし穴
第4章 脳内汁の秘密
第5章 進化とズレた日本人の脳
第6章 日本人の脳の未熟化を止めよう!
 


わがままな脳(
★★★★☆

  わがままな脳 ISBN:448086055X
264p 19cm(B6)
2000-03-10出版
筑摩書房 
澤口俊之【著】  \1,800
どうして恋をするのか?記憶が変容したり、きれいさっぱり失われたりするのはなぜか?歳をとると頑固になるワケは?…ヒトの日常的な営みを、現代脳科学の知見に則して解明。身近な(時に卑近な)エピソードから「脳の基本原理」が鮮やかに浮かび上がる、刺激的な(ちょっと笑える)サイエンス・エッセイ。

北海道新聞,サイアス,月間プレイボーイ,週間朝日などに取り上げれてきた。ロングセラーを続けるちょっとした名著。学術系書籍に対する賞(工業新聞社賞)も受賞した。認知脳科学の入門書として適当。読者の評判もよく,今でもかなり売れている。
第1章 ニューロンの本質
第2章 脳とは何か
第3章 認識と意識をめぐって
第4章 思考と自我の源としてのワーキングメモリ
第5章 性格と感情も(当然だが)脳の活動
第6章 記憶にも色々ある
第7章 脳内物質の微妙な流れ
第8章 脳の成長と教育
第9章 脳はいかに進化してきたか
 

文春新書
幼児教育と脳(
★★★☆☆

  幼児教育と脳 ISBN:4166600540 
219p 18cm 
99.8.20出版 
文芸春秋 
澤口俊之【著】  \690  
人の親なら誰でも、自分の子どもが明るく元気に、そして愛情深く聡明で個性的な人間に育ってほしいと願っているだろう。 
そういう子どもたちが増えることこそが、日本の、いや、世界の未来にとって、とても大切なことだ。
 しかし、現状は逆のように見える。 
なぜか?そして、どうしたらよいのか?その答えは「幼児脳教育」にある。

現場の方々からは 「幼児教育のバイブル」と称されるほどで,ロングセラーを続けている。だが,教育学者などの専門家からの評価はイマイチ。おそらく,脳科学から教育を云々されるのが気に食わないらしい。しかし,最近になって文部科学省も「脳科学と教育」に関するプロジェクトを立ち上げるほどで,脳科学の観点からの教育論は重要なはず。その先駆・パイオニアの著書で,まさに「先見の明」「時代の先取り」という表現が適切だと思う。

ちなみに未だに版を重ねている。

 
第1章 教育とはすべて「脳教育」である 
第2章 八歳までが勝負! 
第3章 サルからヒトへ―進化する脳 
第4章 いかに育てるか 
第5章 人間らしく育てる―“PQ”教育とは 
第6章 なぜ、教育は荒廃してしまったのか 
 
 

ちくまプリマーブックス
「私」は脳のどこにいるのか(
★★★☆☆

  ISBN:448004213X 
216p 19cm(B6) 
1997.10.25出版 
筑摩書房 
澤口俊之【著】 \1,100  
自分とは何だろうか? 自分を考えている「自分」とは? 
高校生の頃からこのテーマと向かい合ってきた著者が、最先端の知見をもとに「自我の脳内メカニズム」の解明に、大胆かつロジカルに迫る。
 
読売新聞の書評でも絶賛され,その他の多くの新聞や雑誌でも好意的に取り上げられてきた好著。著者の学問的専門と興味(「前頭連合野と自我」)が端的に表れている。
 
1 心はどこにあるのか 
2 心と身体はどんな関係にあるのか 
3 心と脳はどのようにできているのか 
4 自我はどこに生まれるのか 
5 自我の脳内メカニズムをさぐる 
 
 


脳と心の進化論(
★★★☆☆

  ISBN:4535981361 
233p 19cm(B6) 
1996.10.25出版 
日本評論社 
澤口俊之【著】 \1,800  
「脳」を理解することは、人間と世界を理解すること。 
進化生態学と脳科学の最近の成果をふまえて、ヒトの脳がなぜこれほど大きく、複雑になったのかを探る。 

ヒトの脳と人類の由来の秘密に迫る,「脳進化学」の本格的書として世界的にも希有の本。脳進化の「様式」と「要因」の両方を総合的に考えることは大切だが,そういう試みは世界的にみてもほとんどなかった。平易な(しかし中身の濃い)教科書としても使える。ただ,あまり売れていない・・・。
 
脳の進化のWhyとhow―進化生態学と脳科学からのアプローチ 
脳の進化のプロセス―からだも脳も大きくなった 
大脳化指数―脳の量的進化 
霊長類の大脳化指数―脳の大きさとからだの大きさの関係 
脳の進化要因(1)脳の進化と社会性 
脳の進化要因(2)大脳新皮質の進化 
脳の基本構造―多重フレームモデル(1)モデュラリティと階層性 
脳の基本構造―多重フレームモデル(2)統合コラムとワーキング・メモリ 
脳の進化様式をめぐる諸説―古い脳に新しい脳を付け加える 
領野重複説―ヒトにあって他の霊長類にないもの〔ほか〕 
 
 


知性の脳構造と進化―精神の生物学序説(
★★★★★

  ISBN:4875251270 
230p 20cmx14cm 
1989.9.1 出版 
海鳴社 
澤口俊之【著】 \2,200 
知性をになう脳構造の原理と発達、進化をカント哲学を踏台にして大胆に論考した処女作。 
私たちの知性=多重知性は、脳内の「多重フレーム構造」によって実現されていることを世界で初めて提唱。脳科学のみならず認知科学や進化学にも大きなインパクトを与え続けてきた。
 
朝日と読売新聞の書評に同日に取り上げられたというエピソードをもつ「幻の名著」。著者の代表作。脳とその進化の「原理」を問題にしているので,内容的には少しも古くない(どころか,今の脳科学の知見を予見・先取りしていたともいえる)。実際,今も版を重ねるロングセラーになっている。そのうち「増補改訂版」を出したいと思っている。
 
T 多重知性の脳構造モデル 
U フレームの変容機構 
V フレームの進化様式 
W フレームの進化要因 
X 自我 
Y 要約と結論