トップページへ


澤口俊之による発達障害改善

あきらめないで下さい。
発達障害は科学的に改善できます。

重度な障害児の脳
発達障害(注意欠陥・多動性障害ADHD,自閉症スペクトラム障害ASD,広汎性発達障害PDD,知的障害・精神遅滞,等々)は明確な脳機能障害です。特に(右図のように)前頭前野を中心とした各種脳機能(HQ論ではHQ要素)の障害が伴っています。つまり,発達障害は「HQ障害症候群」です。そのため,HQ改善法(澤口式発達障害改善法)で発達障害は改善可能です。

HQ改善法:国際学会で発表した研究成果(Wajima & Sawaguchi, 2005)や国際学術誌に発表した研究成果(Kuwajima & Sawaguchi, 2010)等に基づいた脳科学的な方法論です:もちろん,澤口自らの研究・実践と最先端の科学的成果を取り入れつつ常に改良しています。
HQ改善法は科学的な方法論なので,教材などは1〜2種類で十分か,あるいは,不要です。
HQ論や発達障害改善法の詳細は拙著『HQ論』や『発達障害の改善と予防』を参照して下さい。


診断されるだけで,具体的な改善法が分からない。
支援施設等で「訓練」や「リハビリ」をしているものの,本当に改善するのか不安。
これまでいくつかの「改善法」を試してきたが(場合によっては数十万円〜数百万円もかけて),それらのエビデンスや改善効果が疑わしい。
お子さんが発達障害なのかどうかハッキリしない。
改善のために何をすべきか,してはいけないか,よく分からない。
世界的かつ科学的な改善法を受けてみたいが,どこに行ったらよいか分からない。

このような方々が多いので,澤口式発達障害改善(教育相談)を行っています。
既に250名以上の「障害児」で教育相談を行ない,その多くで改善に成功しています。
ただ,発達障害や科学的方法論の性質上,「必ず改善できる」と断言はできません。特に,「非科学的な改善法」を長く続けていた場合,改善が困難になるケースが多いです。

発達障害改善は8歳を過ぎると難しくなりるので,主に8歳未満のお子さんでの相談をさせて頂いています。
澤口は(医学部・医学研究科教授の経歴を持ちますが)医師ではないので,「診断」や「薬物療法」は行ないません。


教育相談の募集はしばらく休止していましたが,最近(2018年9月8日)再開しました。


教育相談の大まかな流れ・内容は次の通りです:
1)発達障害は基本的にHQ障害症候群ですので,お子さんのHQ要素(発達障害に関わる主要な脳機能)を「HQテスト」で測定します(30〜60分)。
2)お子さんによってはHQテストができない場合もありますが,その場合でも可能なテストないし調査を,お子さんの状態に応じて行ないます。
3)保護者様には簡単なアンケート(脳発達学的チェック項目リスト)に回答して頂き,過去や現在の「リスク要因」を推定します。
4)以上を踏まえて,障害ないし低下しているHQ要素(脳機能)を特定しつつ,各お子さんに合った「オーダーメイド改善法」を考案・提示します。

以上が1セット(初回)になりますが(1時間半〜2時間程度),改善の有無や程度,あるいは別な改善法を考案するために,ご希望に応じて2回ないし複数回,同様なことを行ないます(発達障害チェック項目リストへの回答は2回目以降は不要です)。

相談場所は,基本的に,人間性脳科学研究所(浅草)になります。

教育相談のお問い合わせは,下記の通りです:
/ FAX:03-3876-9084
※メールにてお受けしていますが,うまく送信できないケースがあるようなので,現在,FAXでもお受けしています。
電話でのお問い合わせは誠に恐縮ながら受け付けていませんので,電話でのお問い合わせはご遠慮下さるようお願い致します


教育相談のより詳しい流れ・内容や料金等の詳細と正式申込書は,応募して頂いた方にお送りします。そのご案内をご検討の上,正式に申し込みするかどうかを決めて下さるようお願い申し上げます。
上記書類は郵送になりますので,ご案内希望の方は,住所・連絡先を明記して下さるようお願い致します。


Copyright (C) HNI All Rights Reserved

Update2018/09/16