澤口俊之 公式サイト

人間性脳科学研究所 所長
理学博士Ph.D.(@京都大学)
武蔵野学院大学&大学院 教授/北海道大学医学研究科 元教授


澤口の… 経歴  主要著書  業績目録 学問的プロフィール 

公式ブログ:脳科学者はかく稽ふ

人間性脳科学研究所 人間性脳科学研究所(HNI, Humanity Neuroscience Institute

TEL:03-6907-2017 / FAX:03-3876-9084


― 澤口が主に行っていること ―

人間性脳科学研究所(HNIHumanity Neuroscience Institute)の所長として,脳育成学的諸研究の他,脳科学に基づく社会還元や発達障害の脳科学的改善(教育相談)を行なっています。また,武蔵野学院大学及び同大学院の教授として,脳科学(特に認知神経科学)を中心にしつつも進化生態学や認知・社会心理学などの多様な科学領域を組み合わせたリベラルアーツ的な講義・演習をしています。


発達障害・障害児の脳科学的改善(教育相談)について:
教育相談(澤口式発達障害改善)の募集を再開しました【2018年9月8日】(教育相談に関する補足説明はこちら)。

「診断」されるだけで,具体的な改善法を教えてもらえない。
多くの「改善法」を試してきたが,一向に改善しない(むしろ悪化しているように見えることもある)。
雑多な改善法(都市伝説的な方法もかなりあり)の中で,どの改善法が科学的かつ適切なのか分からない。
お子さんが本当に発達障害なのかどうかハッキリせず,不安。

このようなケースが未だに多い(むしろ増えている)現状があるので,3年以上募集をしていませんでしたが再開した次第です。

なお下記の拙著『発達障害の改善と予防』でも強調していますが,発達障害改善は8歳を過ぎると困難なので,主に8歳未満のお子さんでの相談を行なっています
改善に最も適切な年齢は5〜6歳ですが,自閉症スペクトラム障害の場合,なるべく早い方が改善が容易なので,3〜4歳のお子さんでの相談もしています。

教育相談のお問い合わせは,下記の通りです:
/ FAX:03-3876-9084
メールにてお受けしていますが,うまく送信できないケースがあるようなので,現在,FAXでもお受けしています。
電話でのお問い合わせは,誠に恐縮ですがお受けできる余裕がありませんので,電話でのお問い合わせはご遠慮下さるようお願い致します
お問い合わせ頂いた方には順次ご案内をさせて頂いておりますので,しばらくお待ち下さい
ご案内する際には書類を郵送しますので,ご案内希望の方は,住所・連絡先を明記して下さるようお願い致します。


澤口がコミットしていると誤解されている施設・団体等もあるようですが,発達障害の改善に澤口がコミットしている施設・団体・ハウス等は一切ないので,注意して下さい(不適切なワーキングメモリ訓練や数字カード法を含め,非科学的・不適切な改善法は発達障害的症状を悪化させることもあるので,この点も注意して下さい−−こうしたケースでは改善はかなり困難か不可能になります)。


小学館のサイト発達障害の改善と予防』を出版しました(小学館,2016/1/27)。
発達障害に関わる自らの実践と研究,そして多数の諸研究(全てが査読性国際学術誌に掲載されたもの)を踏まえて,かなり力を入れて(数か月かけて)書いた著書です(引用文献は多すぎるのであえて記載していません)。

発達障害の改善と予防に関する諸問題はこの一冊で十分」という思いで書きました。発達障害のお子さんをお持ちで苦悩している親ごさんたちのみならず,「障害児」に関わる様々な方々に読んで頂きたいと願っています。

発達障害の改善は(予防も)8歳以降になると困難なので(不可能ではないですが),本書は主に8歳未満の「障害児(グレーゾーンを含む)」に関するものです。また,本書の性質上,これから出産する方々にも参考になると思います。


講演について:
社会貢献の一環として講演やセミナーもよくしています。多いテーマは次の通りです:

ビジネスマンが真に伸ばすべき脳力とは何か
経営者やトップが伸ばすべき脳力
夢をかなえる脳
脳と食育

恋愛と結婚のための脳科学
脳老化・認知症の予防と改善法
子どもの脳をいかに育むか
発達障害の本質と改善法

講演はかなり好評で,文字通り「北は北海道から南は沖縄まで」行なっています(多種多様な業種の企業様のみならず,教育委員会などの公的組織からの御依頼も多いです)。
講演の御依頼は人間性脳科学研究所でも直接に受けています【御興味のある方は下記に問い合わせてください】。


澤口や人間性脳科学研究所(HNI)に関する事柄・事案は,次の連絡先にお願いします
/TEL:03-6907-2017/FAX:03-3876-9084


澤口の簡単なプロフィール

京都大学理学研究科博士課程修了(理学博士;Ph.D),日本学術振興会特別研究員,米国エール(Yale)大学医学部研究員,京都大学霊長類研究所助手などを経て,1999年に北海道大学医学研究科教授に就任し,2006年に同職を自主退職してから人間性脳科学研究所(Humanity Neuroscience Institute, HNI)の所長をしています。2011年9月から武蔵野学院大学教授,2012年4月から同大大学院教授(併任)も勤めています。
なので「人間性脳科学研究所所長 武蔵野学院大学&大学院教授/北海道大学医学研究科元教授」という肩書きをよく使っています。


基本的に脳科学者です。

高次脳機能,とくに前頭前野(前頭連合野)の研究を展開してきました。
研究内容は多岐に渡りますが,前頭前野におけるワーキングメモリ過程やそこでのモノアミン(とくにドーパミンとノルアドレナリン)の役割に関する研究で,世界的に知られています(e.g., Sawaguchi & Goldman-Rakic, 1991; Sawaguchi 2001)。
前頭前野の機能構築(認知マップやモジュール・コラム)の研究も独創的で,やはり世界的に知られています(e.g., Sawaguchi & Iba 2001; Hirata & Sawaguchi 2008)。

脳進化学のパイオニアでもあり,霊長類の脳と大脳新皮質の進化的発達に社会関係や性選択が関与することを世界で始めて実証しました(e.g., Sawaguchi 1990a, 1990b, 1992, 1997)。大脳新皮質の進化様式としての「コラム重複説」の提唱者としても知られています(HTML:Sawaguchi & Kubota 1986)。

前頭前野の諸研究と脳進化学,進化生態学などを総合して導き出したのが「HQ」です(詳細は拙著『HQ論』を参照して下さい)。
HQは「人間性知能(Humanity Intelligence 又は Humanity Quotient)」のことで,以前はPQ前頭知能)と呼んでいました。


脳育成学者でもあります。

乳児から高齢者の幅広い年齢層において脳の育成を目指す新学分野としての「脳育成学(Brain Nurturology)」を創設・発展させています。その成果の一つが,一般知能(一般流動性知能gFワーキングメモリ能力WMQを向上させる方法論の発見・開発です(gFは「人間として最重要な知能」とされる知能指数IQです)(e.g. ,Wajima & Sawaguchi 2005; Kuwajima & Sawaguchi 2010)。


2018/09/21

Copyright (C) HNI All Rights Reserved