2016年04月09日

【16/04/09】発達障害本のミス(注意点)

小学館のサイト 1月下旬に『発達障害の改善と予防:家庭ですべきこと、してはいけないこと』という著書を出版した(小学館,2016/1/27)。

発達障害に関わる多数の諸研究と自らの実践(発達障害の改善=教育相談)を踏まえて, 「発達障害の改善と予防に関する諸問題はこの一冊で十分」という思いで(数か月かけて,かなり集中して)書いた。想定している主な読者は発達障害のお子さんをお持ちの親ごさんたち(あるいは,これから妊娠・出産する一般の方々)なので,科学性を極力維持しながらも,なるべく平易にし,かつ,改善例も多少記載した。もちろん,親ごさん以外にも,発達障害に関わる様々な方々(支援者や公的関係者など)にも読んでもらいたいと思っている。

と,まあ,この著書に関して(このサイトで)色々と書こうと思っていたのだが,その前に「ミス」に関してお詫びしたい。対象とするお子さんの年齢(8歳未満)を表題やまえがき等で明記していない, というミスである(目次や本文を書店等で目を通して頂ければすぐ分かるはずだが,アマゾンなどのネット上では分からない思う)。

続きを読む "【16/04/09】発達障害本のミス(注意点)" »

2015年12月27日

【15/12/27】もはや手遅れ・・・(発達障害について)

このブログを多少なりとも追って頂いてきた方々ならご存知だと推測するが,何かに集中するとブログを更新しない(時には閉鎖する)という癖(?)が私にはある。

この半年もそうで,集中していたことがあって,それは前回のブログと多少関係がある。発達障害関係の本を(かなり集中して)書いていた次第だ。『発達障害の改善と予防:家庭ですべきこと、してはいけないこと』というタイトルの本で,内容はタイトル通りである(来年1月には出版されると思う)。

その本でも書いたことで,かつ,このサイトを更新しなかった理由の一つにもなるのだが,「もはや手遅れ」というお子さんを扱うことがここ数年で増えてきた(知っている人は知っていると思うが,私の「本業」の一つは「発達障害の改善」である)。

続きを読む "【15/12/27】もはや手遅れ・・・(発達障害について)" »

2015年04月15日

【15/04/15】発達障害改善〆切

毎回同じようなことを言うのは気が引けるが・・・

「発達障害改善(教育相談)」の募集を再開したところ(@4月7日),1週間程度で,想定した応募数を超えてしまい,急きょ,締め切らせて頂いた。

ともあれ,今回の募集で対応できなかった方々にお詫びしたい。申し訳ありません。

本来なら,このような事象から「発達障害を巡る現状」を議論したいところだが,その余裕もないので,とりあえず「募集〆切」の通知として。

2015年04月07日

【15/04/07】発達障害改善(教育相談)再開

雑多な仕事が一段落着いたので,「本来の仕事」とも言うべき発達障害改善(教育相談)の募集を再開した。興味ある方は人間性脳科学研究所(HNI)のHPを参照するか,あるいは, HNIへをして問い合わせて頂きたい。

続きを読む "【15/04/07】発達障害改善(教育相談)再開" »

2015年02月03日

【15/02/03】イクメンは出世しない?

「育児に熱心な男(イクメン)は出世しない」という説(?)があるようだが,科学者ではない人の言説で,この説に対する雑多な言説もやはり非科学者が多いように見える。

なので,あえてこの欄で言及する意味はないかもしれないが,「ビジネスでの脳科学的成功法」を語ったり(@講演やセミナー),関連著書『脳を鍛えれば仕事はうまくいく』を書いたりしているので,多少,私見を・・・。

続きを読む "【15/02/03】イクメンは出世しない?" »

2015年01月25日

【15/01/25】香川真司選手について

かなり前から,あくまでも脳科学者として,サッカー日本代表の香川真司選手のことが気になっている。
その理由は色々あるが,「才能があるのに実戦では不調」という状態が続いているように見える,という点が大きい。「才能」という言葉はやや非科学的だが,ここでは「高い運動知能」という意味で使っている。

香川選手が輝いていた時期が確かにあり,その才能(高い運動知能)は,脳の成長過程と彼の年齢からみて通常であれば低下することは想定できない。むしろ向上するはずである。

しかし,今回のアジア杯では(去年のW杯でも)香川選手の実戦でのパフォーマンスが低いことは明らかだと思う。

その理由は何か?

続きを読む "【15/01/25】香川真司選手について" »

2015年01月20日

【15/01/20】発達障害の薬物療法

「発達障害は生まれつきで改善できない」という誤解の逆命題ともいうべき「発達障害の薬物療法」は,欧米,とくに米国ではかなりポピュラーである。
とくにADHD(注意欠陥多動性障害又は注意欠如多動症)での薬物療法は21世紀に入ってから急増している。日本でも最近になって増えているのは周知の通りである。

この問題は一見単純なようで,実は雑多な問題が入り組んでいて,専門家の間でも議論が錯綜としている。ここでは,こうした問題のアウトラインの一端を簡単に述べたい。

続きを読む "【15/01/20】発達障害の薬物療法" »

2015年01月10日

【15/01/10】脳震盪と「疲れ」

例の『ホンマでっか!?TV』で「脳震盪と疲れ」の話をしたが,かなりの方々が気にしているようで,また,例によって肝心な部分がカットされたので,補足として・・・。

脳震盪の後に出てくることがあるネガティブな諸症状をICD-10では「 脳震盪後症候群 」( postconcussive syndrome)通称 PCS という。DSM-IVでは「脳震盪後障害」(postconcussional disorder,PCD)である。

PCS は,精神医学や脳科学では広く知られている症候群で,頭痛,眩暈,知覚過敏,睡眠障害,不安などの他,集中力や記憶力の低下なども伴うことがある。うつ病,さらには認知症のリスク要因にもなる,かなり深刻な症候群である。

PCS はまさに症候群なので,今述べたような多様な症状が出てくることがあるが,多くのケースでほぼ共通して見られるのは,当該TVで言及したように「慢性的な疲労感」である。

続きを読む "【15/01/10】脳震盪と「疲れ」" »

2014年12月30日

【14/12/30】発達障害:砂糖悪玉説の弊害

時期はズレるが,アメリカではハロウィンの時期にキャンディなどの甘い食べ物を子どもに制限する親がかなりいる。そうした親たちは,砂糖が子どもの多動性や衝動性,攻撃性などを高めると信じているせいだ。

最近の日本でも,ADHD(注意欠陥多動性障害)に似た症状が砂糖の取りすぎで現れると信じている人がいることに(遅ればせながら)気が付いた。さらには,砂糖の取りすぎがADHDの要因になると信じている人もいるようだ。

唖然とする。昔の亡霊が蘇ってきた感じでもある。

続きを読む "【14/12/30】発達障害:砂糖悪玉説の弊害" »

2014年12月22日

【14/12/22】STAP問題とその周辺

それでなくても「寡作」のこのサイトにあって,今年は「STAP問題」関係のテーマが40%ほども占めているので(そして,年末なので),問題点をごく簡単に整理しておきたい。

1)STAP細胞論文問題
小保方晴子氏という非科学者(あるいは似非科学者)によって,通常の(マトモな)科学者たちが翻弄された,というのがこの問題の本質だとみなせる。「翻弄」を通り越して「多大な被害を被った」と言ってよい。
共著論文では共著者全てが責任を負うとは言え,STAP細胞論文問題での「責任の構図」は通常の論文とは異質で,独特だった。この独特性を作ったのは,一人の「非科学者」であり,科学的責任よりも(何しろ非科学者なので)むしろ人間的・社会的責任が大きいが,本人はその自覚に欠けていて,最後まで自己防御に終始した。唖然とする。

続きを読む "【14/12/22】STAP問題とその周辺" »

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.