2019年03月10日

【19/03/10】数字カード法にご注意

色々な経緯はあるが,そうした経緯は別の機会に譲るとして・・・

数字カード法」が私が知らないうちに拡散し,ややこしいことになっているようなので,あえて一言・・・(この方法を知らない方は飛ばして下さい)。

数字カード法は,私たちが2005年に世界で初めて子ども(8歳未満)用に開発したワーキングメモリ訓練の一種で,本来は,知能・IQ(特に一般流動性知能gF)を大幅に向上させる方法論だった(きちんとやれば健常児ならIQは150を簡単に超える)。それを各種発達障害の改善用に発展させつつ応用してきたのが,現在の数字カード法である。

続きを読む "【19/03/10】数字カード法にご注意" »

2019年02月19日

【19/02/19】チェックシート式発達障害改善法

※2月21日付けの下記のように,この「チェックシート式教育相談」は既に〆切らせて頂いたが,今後のこともあるので,このエントリーはあえて削除しないでいる。


久しぶりになので,書きたいことは色々あるが・・・
澤口式発達障害チェックシートチェックシート式発達障害改善法」という新たな(世界的にも独創的な)発達障害改善法を開発した(HPも参照してほしい)。
本来なら,「発達障害」とされる子どもに直に接し,各種脳機能テストや観察を臨機応変に行なって具体的な改善法を提示することが望ましい。つまり,本来の「澤口式発達障害改善法(教育相談)」である。
しかし,こうした営為には相当なエネルギー・リソースが必要で,一人のお子さんを数時間扱うだけで疲労困憊である。しかも,待って頂いている方が現時点でも100人以上もおられる・・・。
で,開発したのが「チェックシート式発達障害改善法(チェックシート式教育相談)」である。

続きを読む "【19/02/19】チェックシート式発達障害改善法" »

2018年09月25日

【18/09/25】発達障害改善〆切

2015年4月15日と全く同じタイトルで申し訳ないが・・・
澤口式発達障害改善(教育相談)の募集を9月25日で締め切らせて頂いた。
ただ,今回は,前回(2015年4月)よりも2倍以上の方々の応募を受け付けた。その主な理由は次の3点である:

続きを読む "【18/09/25】発達障害改善〆切" »

2018年09月08日

【18/09/08】発達障害改善(教育相談)再開

2015年4月7日のブログと同じタイトルで申し訳ないが,発達障害改善(教育相談)の募集を再開した。興味ある方は人間性脳科学研究所(HNI)のHPを参照するか,あるいは, HNIへをして問い合わせて頂きたい。

ちなみに,発達障害の改善は8歳を過ぎると困難になるので,教育相談で扱うお子さんは8歳未満を想定している(脳科学的かつ実践的に最良なのは5~6歳;自閉症スペクトラム障害の場合は3~4歳)。

続きを読む "【18/09/08】発達障害改善(教育相談)再開" »

2016年04月09日

【16/04/09】発達障害本のミス(注意点)

小学館のサイト 1月下旬に『発達障害の改善と予防:家庭ですべきこと、してはいけないこと』という著書を出版した(小学館,2016/1/27)。

発達障害に関わる多数の諸研究と自らの実践(発達障害の改善=教育相談)を踏まえて, 「発達障害の改善と予防に関する諸問題はこの一冊で十分」という思いで(数か月かけて,かなり集中して)書いた。想定している主な読者は発達障害のお子さんをお持ちの親ごさんたち(あるいは,これから妊娠・出産する一般の方々)なので,科学性を極力維持しながらも,なるべく平易にし,かつ,改善例も多少記載した。もちろん,親ごさん以外にも,発達障害に関わる様々な方々(支援者や公的関係者など)にも読んでもらいたいと思っている。

と,まあ,この著書に関して(このサイトで)色々と書こうと思っていたのだが,その前に「ミス」に関してお詫びしたい。対象とするお子さんの年齢(8歳未満)を表題やまえがき等で明記していない, というミスである(目次や本文を書店等で目を通して頂ければすぐ分かるはずだが,アマゾンなどのネット上では分からない思う)。

続きを読む "【16/04/09】発達障害本のミス(注意点)" »

2015年12月27日

【15/12/27】もはや手遅れ・・・(発達障害について)

このブログを多少なりとも追って頂いてきた方々ならご存知だと推測するが,何かに集中するとブログを更新しない(時には閉鎖する)という癖(?)が私にはある。

この半年もそうで,集中していたことがあって,それは前回のブログと多少関係がある。発達障害関係の本を(かなり集中して)書いていた次第だ。『発達障害の改善と予防:家庭ですべきこと、してはいけないこと』というタイトルの本で,内容はタイトル通りである(来年1月には出版されると思う)。

その本でも書いたことで,かつ,このサイトを更新しなかった理由の一つにもなるのだが,「もはや手遅れ」というお子さんを扱うことがここ数年で増えてきた(知っている人は知っていると思うが,私の「本業」の一つは「発達障害の改善」である)。

続きを読む "【15/12/27】もはや手遅れ・・・(発達障害について)" »

2015年04月15日

【15/04/15】発達障害改善〆切

毎回同じようなことを言うのは気が引けるが・・・

「発達障害改善(教育相談)」の募集を再開したところ(@4月7日),1週間程度で,想定した応募数を超えてしまい,急きょ,締め切らせて頂いた。

ともあれ,今回の募集で対応できなかった方々にお詫びしたい。申し訳ありません。

本来なら,このような事象から「発達障害を巡る現状」を議論したいところだが,その余裕もないので,とりあえず「募集〆切」の通知として。

2015年04月07日

【15/04/07】発達障害改善(教育相談)再開

雑多な仕事が一段落着いたので,「本来の仕事」とも言うべき発達障害改善(教育相談)の募集を再開した。興味ある方は人間性脳科学研究所(HNI)のHPを参照するか,あるいは, HNIへをして問い合わせて頂きたい。

続きを読む "【15/04/07】発達障害改善(教育相談)再開" »

2015年02月03日

【15/02/03】イクメンは出世しない?

「育児に熱心な男(イクメン)は出世しない」という説(?)があるようだが,科学者ではない人の言説で,この説に対する雑多な言説もやはり非科学者が多いように見える。

なので,あえてこの欄で言及する意味はないかもしれないが,「ビジネスでの脳科学的成功法」を語ったり(@講演やセミナー),関連著書『脳を鍛えれば仕事はうまくいく』を書いたりしているので,多少,私見を・・・。

続きを読む "【15/02/03】イクメンは出世しない?" »

2015年01月25日

【15/01/25】香川真司選手について

かなり前から,あくまでも脳科学者として,サッカー日本代表の香川真司選手のことが気になっている。
その理由は色々あるが,「才能があるのに実戦では不調」という状態が続いているように見える,という点が大きい。「才能」という言葉はやや非科学的だが,ここでは「高い運動知能」という意味で使っている。

香川選手が輝いていた時期が確かにあり,その才能(高い運動知能)は,脳の成長過程と彼の年齢からみて通常であれば低下することは想定できない。むしろ向上するはずである。

しかし,今回のアジア杯では(去年のW杯でも)香川選手の実戦でのパフォーマンスが低いことは明らかだと思う。

その理由は何か?

続きを読む "【15/01/25】香川真司選手について" »

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.