« 【2022/01/03】今年こそ教育相談再開を | メイン

【2022/4/27】遠隔も良さげ

ごく短く・・・
発達障害改善には年齢(月齢)が重要で、早いほど改善効果が高い、と言いながら、「教育相談」を未だに再開できないでいる。改善効果やその程度には3か月や半年の遅れすら相当な問題になるのに・・・
で、諸般の理由・事情を踏まえてZOOMなどを使った遠隔相談を準備・試行している(ZOOMがいい感じだ)(当然ながら以前から待って頂いている方々を優先にしたい)。


流れとしては、事前に「アンケート(チェックシート)」を送付・返送してもらい、希望日時に遠隔相談を行なう、といった感じである。重要なのは、やはりお子さんを直接に(映像を介してでも)見ることで、簡単な(ただし重要な)テストもZOOMなどなら可能だし・・・。
ちなみに、やはりZOOMが良さげだが、モニター上の刺激提示にタイムラグが出ることがあって、その辺は工夫する必要がある感じだ。

発達障害はやはり改善することが最重要で、年齢的に早いほどいいし(特に自閉症スペクトラム障害や知的障害の場合)、何より各お子さんごとに最適な改善法を導く必要があって、本だけでは流石に限界があるし・・・

「されど遠隔」的な感じである。

(・・・が多くて申し訳ありません)


アマゾンへ アマゾンへ

人間性脳科学研究所のサイト





About

2022年04月27日 17:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【2022/01/03】今年こそ教育相談再開を」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.